自己啓発 関連

MBAの教科書 ベスト13

原書でしか読めないお勧めテキスト

投資の勉強になる本ベスト5

人生の糧となる本 まとめ

GMAT,TOEFL,英会話お勧め教材

転職ノウハウ

小学生の子供に贈りたいプレゼント

MBAのビジネス講座

統計

統計の勉強を始める前に

エクセルで作る正規分布

標準偏差とは

標準誤差とは

P値とは

重回帰分析とは

エクセルによる回帰分析

回帰分析結果の読み方

残差分析

対数正規分布の回帰分析

マーケティング

マーケティング基礎

5C分析

4P分析

経営戦略

経営戦略基礎

SWOT分析

ファイブフォース分析

ファイナンス

ファイナンス基礎

CAPM

プロジェクト評価 (NPV)

リスクとリターン

シャープレシオ

株のアノマリー

長期保有のすすめ

定量分析テクニック

実践版エクセル活用法

エクセルマクロ活用法

最適化計算

感度分析

データマイニング

エクセル関数

モンテカルロシミュレーション

バリューチェーン分析

パソコン操作 【重要!】

Windows ショートカットキー

エクセル ショートカットキー

Google Chromeの活用法

MBAホルダーとは?


MBAのビジネス講座 > MBAホルダーとは?

MBAホルダーとはMBAとった人の事です。MBAにも国内、海外、海外でもピンからキリまであります。どの学校でMBAを取るのかは、MBAを取って何をしたいかで変わってきます。

 

キャリアチェンジをしたい場合

キャリアチェンジをしたくてMBAを取る場合、いわゆる世界のトップ校でなければ目的を達成できません。全米20位が目安となります。キャリアチェンジでなく、同じキャリアパスの中での転職ならばこの限りでありませんが、この場合、前職で何をしたのか?、何ができるのか?が問われますので、そもそもMBAの資格などなくとも転職出来ます。

 

ランキングはUS News, Economist, Financial Times, Business weekがそれぞれ出しており順番は異なりますが、以下のノースカロライナまでが全米Top20として良いと思います。また、この中であれば、専攻などの理由がなければ少しでも上の学校の方がMBA後の就職が楽になります。LondonやINSEADなど有名校には違いありませんが、就職候補の企業が米国企業であることの方が多いでしょうから、米国のMBAの方がタイミング的にも地理的にも就職活動がやりやすいと思います。

 

MBAランキング

US News 2014 Economist 2013 Financial Times 2013 Business week 2012 総合
Harvard University  1 6 1 2 1
Stanford University  1 9 2 4 2
University of Chicago (Booth)  6 1 10 1 3
University of Pennsylvania (Wharton) 3 15 3 3 4
Massachusetts Institute of Technology (Sloan)  4 12 9 9 5
Columbia University  8 10 5 13 6
University of California–​Berkeley (Haas)  7 3 12 14 6
Dartmouth College (Tuck)  9 2 16 12 8
Northwestern University (Kellogg)  4 23 13 5 9
New York University (Stern)  10 7 19 16 10
University of Virginia (Darden)  12 4 35 10 11
Cornell University (Johnson)  16 17 24 7 12
Duke University (Fuqua)  11 29 18 6 12
University of California–​Los Angeles (Anderson)  14 18 23 18 14
Yale University  13 28 14 21 15
University of Michigan–​Ann Arbor (Ross)  14 25 30 8 16
Carnegie Mellon University (Tepper)  19 21 43 11 17
Emory University (Goizueta)  18 19 49 22 18
University of Texas–​Austin (McCombs)  17 31 46 19 19
University of North Carolina–​Chapel Hill (Kenan-​Flagler)  20 36 45 17 20

Indiana University (Kelly) 22 35 54 15 21
Washington University in St. Louis (Olin)  21 33 78 31 22

スポンサーリンク

 

MBAの知識を仕事に役立てたい場合

お勉強だけが目的であれば、早稲田、慶応、一橋などの日本のMBAも選択肢に入ってきます。日本語で勉強することで第二言語で勉強するよりも内容の理解も早く進むでしょうし、またMBA取得にかかる費用が一桁違ってくるでしょう。また、夜間のMBAを利用すれば仕事を辞める必要ありませんので収入をキープ出来ます。

それでも海外のMBA校に行った方が良い場合があるとしたら、専門分野を深く極めたい場合、英語の実力を高めたい場合などががこれに該当します。例えばマーケティングであればケロッグ、ファイナンスであればウォートンやシカゴ、となりますし、同じファイナンスでもエネルギーに特化したエネルギーファイナンスを学ぶのであればテキサスとなります。日本では同じレベルの教育は受けられないでしょう。

 

MBAのメリットには以下のような点が挙げられます。

 

 

MBAのデメリットは以下のような点だと思います。

 

デメリットはありながら、私費 / 社費の区別にかかわらず、私の周りでMBAを取得した30名程度の日本人の中には少なくともMBAに行かなかった方が良かったと思っている人は一人もいないことから、満足度はかなり高いものと思います。

 

 

MBA卒業後のキャリア

MBAの転職体験記に記述しましたのでそちらへどうぞ。

 

 

MBA受験の準備

私の場合は一年未満でTOEFL受験勉強→GMAT→エッセイ出願→合格となりましたが、1年以上かけてしっかりと準備をしておく必要があります。なんだかんだいってもTOEFLとGMATの点数でほとんど決まってしまいますので、有名校に合格するためには英語で行われる試験でのスコアを高めることが最重要になります。

GMAT,TOEFLお勧め教材にMBA受験生にとって必須の問題集をまとめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEO [PR] @J[hr ₦΍@ Cu`bg SEO